古美術&ギャラリー 古藤

古物営業法に基づく表記 株式会社 古藤 東京都公安委員会 305571103687

                              
>
アクセスカウンター

トップページ  古美術古藤 ギャラリー古藤 アクセサリー アクセス 古藤店主ブログ  過去のイベント予定イヴェント Facebook




第7回  江古田映画祭  3.11福島を忘れない

7回  江古田映画祭  3.11福島を忘れない

2018  2/24 3/11まで 16日間  

 東電福島第1原発事故から7年、8年目の春を迎えます。福島を忘れてはならないという思いは変わりません。監督や関係者のトークに加え、ことしは著名なミュージシャンのライブも行います。水俣・ヒロシマ・アスベスト、いのちが脅かされるさまを記録した映画やラジオドラマも用意しました。武蔵大学生たちも参加します。どうぞお越し下さい。

会場1

初日2018/2/24㊏のみ武蔵大学 1号館地下シアター教室 

練馬区豊玉上1-26-1 https://www.musashi.ac.jp/annai/index.html

13:00~オープニングイベント+71分間SHIDAMYOJIN上映

上映後 吠え続けるミュージシャン遠藤ミチロウのミニライブ

参加費 1000円 予約不要

二日目から2/25㊐~3/11㊐の会場は ギャラリー古藤

武蔵大学正門斜め向かい 

 東京都練馬区栄町9-16  江古田駅南口から徒歩6分

http://furuto.info/akusesnewpage5.html

ギャラリー古藤は予約優先入場 各回40名定員制 

上映作品

■カノンだよりvol.5 鎌仲ひとみ 2017年 137分 

原発事故を契機に始まった動画メルマガ。その集成第5作は、エネルギーシフトや区域外避難家族を丁寧に見つめた。https://bunbunfilms.official.ec/items/7745061

2/25日㊐13:00~上映 1540~ 映画監督 鎌仲ひとみの一回目のトークライブ1800~ 映画監督 鎌仲ひとみの二回目のトークライブ 19:00~上映

 

■福島県立相馬高校放送局震災を伝える(2014)福島県立相馬高校放送局 2014年 上映と解説:120

福島の沿岸部の高校生たちが震災や原発事故をドキュメンタリーや

映像で伝える作品群で、大人の視点とは違った震災が伝わってくる。http://www.sankei.com/entertainments/news/170308/ent1703080002-n1.html

3/31900~上映、3/413:00~上映

3/41520~相馬クロニクル主宰・元相馬高校放送局顧問 渡部義弘のトークライブ

 

■水俣-患者さんとその世界 土本典昭 1971年 120

日本のドキュメンタリー史に残る土本監督の金字塔。映画をきっかけに埋もれた患者さんの申請が始まり、チッソや行政の責任を問う動きが本格化した。

2/2713:00~上映1520~映画監督 小池征人のトークライブ

3/71620~上映

 

■いのちの岐路に立つ ~核を抱きしめたニッポン国~ 原村政樹2017年 110

ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ事件、そして原発で働く労働者。核エネルギーの被害者たち、それに抗う人がバトンを受け取るように熱い証言者として登場する。http://furutotenshu.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-1b40.html

3/21630上映、3/91300上映、1500~映画監督 原村政樹のトークライブ、3/101900上映、

 

祝福(いのり)の海 東条雅之 2017年 104

上関原発建設に反対する山口県祝島の「海」、原発事故が起きた福島の「海」、そして私たちの中にある「海」。これらの命のつながりを描く。https://www.youtube.com/watch?v=wnL_CGLl4HY

2/281830上映、2月28日「被ばく牛と生きる」を上映後の観てのおしゃべり感想会に希望の牧場・ふくしま 代表の吉沢正巳さんがゲストで来ていただけることになりました。また、メッセージをいただきました。「被ばく牛とともに原発を乗り越える社会を実行しよう!みんな、集まれ!!決心 救命、団結! そして希望へ」希望の牧場・ふくしま 代表 吉沢正巳
3/71900上映、3/101300上映

1500~映画監督東条雅之のトークライブ

 

■被ばく牛と生きる 松原保 2017年 104

被ばくした牛たちを殺処分することなく、活かし続ける畜産農家たちの静かで熱い闘いの記録。https://www.youtube.com/watch?v=9rbTBj94hbM

2/2813:00~上映1500~「被ばく牛と生きる」を観てのおしゃべり感想会、おしゃべり感想会には希望の牧場・ふくしま 代表の吉沢正巳さんがゲストで来ていただけることになりました。また、メッセージをいただきました。「被ばく牛とともに原発を乗り越える社会を実行しよう!みんな、集まれ!!決心 救命、団結! そして希望へ」希望の牧場・ふくしま 代表 吉沢正巳

3/1 16:00~上映

 

■原発の町を追われて  13部 堀切さとみ2017100

全世帯が避難勧告を受けた双葉町。放射能から逃げるしかなかった人々の6年間を見つめた。3部作を一挙上映。https://www.youtube.com/watch?v=u1bt_oraG8Y

3/313:00~上映1500~映画監督 堀切さとみのトークライブ、3/6日 19:00~上映、3/8日18:30~上映

 

■日本と再生 光と風のギガワット作戦 河合弘之 2017年 100

世界を駆動させるのは、原発ではなく、あふれる自然の力だ。地球をひと回りして、太陽・風・地熱・バイオマスの自然エネルギーを見に行こう。http://www.nihontogenpatsu.com/

3/6日 13:00~上映 1500映画監督 河合弘之映画監督のトークライブ、3/9日 18:30~上映、3/11日 16:30~上映、

 

■アトムとピース~瑠衣子 長崎の祈り~ 新田義貴 2015年 94

「原爆」と「原発」は何が違うの?被爆3世の旅。放射能の恐ろしさを知っているはずの日本人がなぜ原発事故を起こし、いまも原発にこだわるのかhttps://www.youtube.com/watch?v=o51tIeQDgl4

3/2 13:00~上映 1450~プロデューサー塩原史子又は映画監督新田義貴のトークライブ、3/5 13:00~上映、3/10 16:30~上映、

 

■アトミック・マム M.Tシルビア 2010年 87

母はかつて生物学者としてアメリカの原爆開発に携わっていた。監督は母の謎に迫り次第に真実が明らかになっていく。併せて広島の被爆者と出会う。http://www.atomicmom.org/jp/trailer.htm

2/27 17:30~上映、3/4 17:30~上映、3/5 18:00~上映、1930~日本被団協藤森俊希事務局次長のトークライブ

 

■「知事抹殺」の真実 我孫子亘 2016年 80

地方分権の旗を掲げ、国の原子力エネルギー政策に異を唱えた知事が、2006年、突然降って沸いたような「汚職事件」で辞任。逮捕された謎に迫るhttp://eisaku-movie.jp/

3/1 18:30~上映、3/3 17:00~上映、3/11 13:00~上映、1440~映画監督安孫子 亘のトークライブ

 

■逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者 飯田基晴 2012年 74

大災害で障害を持つ人々に何が起きたのか?被災地の障害者・関わる人々の証言をまとめた記録。(製作/東北関東大震災障害者救援本部 )https://www.youtube.com/watch?v=yXnyK3WsNvU

2/26 17:00~上映、3/2 19:00~上映、3/7 13:00~上映、1430~映画監督飯田基晴のトークライブ

 

■祭の馬 松林要樹 2013年 74

津波でケガを負った黒鹿毛の牡馬ミラーズクエスト。一頭の競走馬の数奇な運命を優しく見つめた。「相馬看花」に続く松林監督作品。http://matsurinouma.com/

2/27 19:30~上映、3/6 17:00~上映、3/9 16:30~上映

 

SHIDAMYOJIN』(羊歯明神) 遠藤ミチロウ 小沢和史 201771

パンク!×民謡!×盆踊り!福島県出身のミュージシャン 遠藤ミチロウを追った ロード“盆踊り”ドキュメンタリー。http://www.apia-net.com/michiro/

2/24 13:15~上映、1445~吠え続けるミュージシャン遠藤ミチロウのミニライブ、2/26 19:00~上映、3/8 15:30~上映

 

■終の住処を奪われて 福島原発被害東京訴訟原告団 2017年 37

被害者であり、科学者である原告・鴨下祐也さんを中心に、避難生活の困難さ、原発事故は終息していないことを訴える。

3/8 13:00~上映、1400~ひなん生活をまもる会代表 鴨下祐也のトークライブ

 

■MARCH 中村和彦 2016年 37

MARCHは三月そして行進の意。散り散りになった南相馬の小学校のマーチングバンドが再結成。愛媛FCとの奇跡の絆が生まれていく。

3/1 13:00~MARCH+被災地の今(プロローグ) 37+20分上映、1410~プロデューサー 角田寛和のトークライブ

 

■武蔵大学永田浩三ゼミ4作品 2017年 95

『帰れない・福島県浪江町 門馬昌子さん』(22分)『わたしたちが生き延びた意味について』(25分ラジオドラマ)『ある日突然・アスベスト住民被害』(25分)『国は嘘をつく・木村まき 横浜事件を生きる』(23分)

2/26 13:00~上映、1450~武蔵大学生のトークライブ

 

※トークの講師は変更の可能性があります。変更があった場合は江古田映画祭facebookページ等でお知らせします。

 

ギャラリー古藤は予約優先入場 各回40名定員制             予約(大人)すると200円割引です

  チケットは、電話・メールでの予約をお願いします。

電 話       03-3948-5328   メールアドレス fwge7555@mb.infoweb.ne.jp

  古藤ホームページは「ギャラリー古藤」で検索 http://furuto.info

   江古田映画祭facebookページ  「江古田映画祭」で検索

https://www.facebook.com/ekodaeigasai/

 

映画1本につき(短編は複数本上映の場合あり)

大人 予約 1,000円・当日1,200円、大学生・ハンディのある方800円 

高校生以下無料 

チケット3枚つづり 2,700円 

トークがある場合も上記料金に含まれます。

SHIDAMYOJIN」「終の住処を奪われて」は2本セット                                                                          武蔵大学永田ゼミ制作作品は500

 

店頭販売 福島の伝統工芸品大堀相馬焼 パン教室こだわりのパン 地元のはちみつマドレーヌ 素朴な味わいの焼き菓子 岩手・宮城・福島の美味しい産品、脱原発Tシャツ・手ぬぐい・バッジ等々

 

展示 「故郷  福島  放射能を撮る」写真家 高木成幸  福島こども保養プロジェクト@練馬、なかのアクション・福島子ども保養プロジェクト

 

主催 江古田映画祭実行委員会                                                                             後援 みどりのまちづくりセンター                                                                           協力  ギャラリー水・土・木

蓜島庸二 2人展シリーズ

浅川洋「不在の庭」+「蓜島庸二「火山列島の神話」

日時 38日(木)〜313日(火)

練馬区小竹町1- 44 -1   電話03 - 3955 - 2508 

 

ギャラリー古藤アクセス   武蔵大学正門斜め向かい 

 東京都練馬区栄町9-16 

・西武池袋線江古田駅南口徒歩6

・都営地下鉄大江戸線新江古田駅A2出口徒歩10分                       

・西武有楽町線新桜台駅2番出口徒歩7

・関東バス江古田駅バス停徒歩4










 

 

 


 



ギャラリー古藤 特別展 竹内栖鳳と関西画壇―永田コレクションから



練馬グリーン市民発電所1号「ふるとうSUN」1周年記念イベント
 ~ソーラーコーヒーを飲みながら

Hani Dallah Ali展 ハーニー・ダッラ・アリー(イラク人画家)  《ラヒール・ワタン~祖国、我を去りて~》


office@npopeaceon.org
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼





 


~緑と水と旅の思い出 水彩画展~!





 )午後1時~



東京キッドブラザーズ 東由多加十七回忌イベントは終了しました。










練馬・文化の会美術会 第6回小品展は終了しました。




江古田ユニバース2016  ーTRANSIXTION STAGEーは終了しました。











アトリエ きさらぎ 30周年記念展は終わりました。






映画 ハトは泣いているは終了しました。


長島実奈&長島潤デュオリサイタルは終了しました。
















































    

                          ごあいさつ

    この度、東京都練馬区の西武池袋線江古田駅近くにギャラリーがある古美術の店舗を建設しました。
    店舗の場所は千川通り沿いの武蔵大学の真向かいにあり、武蔵野稲荷神社に隣接しております。店舗で
    は古陶磁などの古美術品またアクセサリーを展示・販売するとともに、ギャラリーでは美術品展示のほ
    かに、音楽会、映画会、講演会なども開催したいと思っています。店の名前は祖父が戦前に名古屋で営
    んでいた店名「古藤」(ふるとう)にしました。祖父は100年の歴史がある名古屋美術クラブの初期
    の会員でもあり、店のあった町は、江戸期には中・下級武士の屋敷が連なり、明治から昭和の初めにか
    けては近代産業の担い手となる起業家、学者、技術者など様々な人々が去来し、交流する舞台となった
    町でした。日本女優第一号の川上貞奴もその一人でした。また、この町からは幾つかの世界的企業も生
    まれています。何年後かには新たな時代を先駆ける「古藤」に発展させることを密かに夢見て新たな一
    歩を歩み始めようとしております。

     どうかあたたかい目で応援をお願いいたします。江古田にお越しの際はちらっとお店に寄っていただ
    ければ幸いです。
 
                             古藤(ふるとう)店主  田島 和夫



古美術&ギャラリー 古藤 
所在地  〒176-0006  東京都練馬区栄町9-16 
電話番号  03(3948)5328
FAX番号  03(3948)5328
fwge7555@mb.infoweb.ne.jp
ルート    西武池袋線江古田駅   徒歩5分
        都営地下鉄新江古田駅  徒歩7分
          西武鉄道有楽町線新桜台駅 徒歩6分
    関東バス江古田駅 徒歩4分
     都営バス武蔵大学前 徒歩1分
    駐車場    近くのコインパーキングをご利用ください。

古物営業法に基づく表示
東京都公安委員会
第305571103687号
株式会社 古藤
 

 

写真型トップページ

アクセス地図